校長室より

校 長 あ い さ つ
                        

 一昨年度、昨年度に引き続き校長を務めさせていただきます、荻野三穂と申します。本校3年目となりました。
 本校の沿革を簡単に紹介させていただきます。明治6年の曽根村上曽根小学校、白井河原小学校から始まりました。その後、独立・統合・改名をしながら、昭和に入り、昭和22年柏小学校、昭和30年中道町立北小学校と校名を変更してきました。平成18年の甲府市と中道町の合併により、甲府市立中道北小学校に改名し、今に至っております。
 また、校舎はと申しますと、何度か校舎移転を繰り返し、昭和45年に、甲府市上曽根町3206-2番地にうつり、51年間、中道北地区の教育を支えました。昨年の令和3年4月、リニア中央新幹線の軌道にあたるため、旧校舎より250m南西(甲府市上曽根町3368-36)に移転し、新校舎2年目となります。子どもたちは新しい校舎・体育館・校庭で、生き生きと活動しています。建築に関わってくださった方々に感謝し、やさしくきれいに使っていきたいと思います。
 また、本校は笛吹川に沿った周囲に果樹園や野菜畑などが広がる自然環境の豊かな地域にあります。周辺には、銚子塚や丸山古墳があり、県立考古博物館という古代の歴史に触れる拠点も地区内にあります。一方、中央自動車道甲府南インターチェンジも近く交通の便のよい場所でもあり、将来リニアが通るという新旧がクロスする地域であります。
 さて、現在中道北小学校には135名の児童が在籍しています。学級は、各学年1学級と特別支援学級3学級の9学級です。
 学校教育目標は、「いのち やさしく かしこく やりぬく子」をキャッチフレーズとし、
  ◯命を大切にする子ども
  ◯心豊かで思いやりのある子ども
  ◯よく考え工夫して学習する子ども
  ◯協力して最後までやりぬく子ども
の4つを据えております。また、今年度は、学校教育目標の具現化に向け、『元気いっぱい・やさしさいっぱい・かしこさいっぱい・やるきいっぱいの「いいとこいっぱい中北っ子」になろう』と、4月の始業式で、子どもたちに話をしました。 
学校は学習権を保障する場です。子どもたちの存在は一人ひとりかけがえのないものだということを全ての教職員が意識し、一人ひとりに寄り添いながら、子どもたちの可能性を伸ばしていきたいと考えます。それだけでなく、子どもたちのよりよい成長には、家庭・地域との信頼関係を構築し、家庭・地域と共にあることも必要です。保護者や地域のみなさまに信頼され開かれた学校を目指し、全教職員が「チーム中北」を合い言葉に一丸となり、学校教育目標達成のために日々の実践を積み重ねていきたいと考えています。また、今年度も、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をしながらの学校経営となります。検温などの体調チェック、マスク着用、手洗い・消毒の徹底、十分な換気、三密を避けての授業など、クラスターを発生させない対策をとってまいります。ぜひ、ご理解ご協力ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
                       甲府市立中道北小学校  校 長  荻野 三穂